施工事例

マンション・共用灯LED化工事

港区・秀和第2北青山レジデンス 様

 

大光電機製 非常灯器具 × 49灯

 

パナソニック製 非常灯器具


通路、階段の共用灯をLED器具へと更新しました。
常時点灯させているため消費電力量も多かったですが、LED器具へ替えたことにより約65%の消費電力削減を達成することができました。年間の電気代を20万円近く節約できることになります。
設置台数の多い建物ほど照明のLED化は大きな効果が得られます。

色味も昼白色から電球色に切り替わり、マンション全体がやわらかく落ち着いた空間に変わりました。

ありがとうございました。

店舗・店頭スポットライト更新工事

品川区・南勢薬局 様(調剤薬局)

 

 

東芝 小型角形投光器 × 7灯

経年劣化で見栄えが悪くなっている既設照明器具、屋内用のものが使用されていたこともあり器具更新させていただきました。
配線含めシンプルにまとめたので、かなりすっきり店先が美しくなりました。

電気製品は使用環境・方法が適切でないと正常に動作しないばかりか却ってトラブルを招く結果になります。住宅でも同じですが、雨線範囲内(雨が直接かからない場所)であっても屋外には屋外用の製品を選択することが重要です。

ありがとうございました。

ゴルフ練習場・投光器更新工事

大田区・馬込ゴルフガーデン 様(ゴルフ練習場)

 

既設照明:LG PSF1032A × 3灯

岩崎電気 LEDioc Flood Duel 830Wタイプ × 2灯

既設投光器が不調となり、メーカーサポート(部品供給)が終了していることから器具更新となりました。設置台数は3台から2台へ変更、1灯あたりの明るさを向上させました。元々水銀灯からPLS照明へ移行しており省電力化されていましたが、今回の器具更新でさらに約45%の消費電力削減を達成しました。10年間の電気代では90万円以上の節約となります。(※)

LED照明に替えた事でスイッチ投入後瞬時に点灯可能となりました。それまでは点灯までに数分かかっており、点灯中に入切してしまうと再点灯までに長い時間がかかったため、夜間場内メンテナンスの利便性、安全性が向上しました。

ありがとうございました。

※年間点灯時間2555時間・電気代27円/kWhにて試算

戸建・感震リレー設置工事

品川区西品川・お客様宅

日東工業 感震リレー MG4

住宅分電盤に増設用感震リレーを設置いたしました。大地震発生時、こちらのお宅からの二次被害発生を予防することができました。

感震リレー(感震ブレーカー)は震度5強の地震が発生すると自動的に電気を遮断する装置で、電力会社からの送電が復旧した際の通電火災発生を防ぐものです。阪神・淡路大震災では原因が特定できた建物火災原因のうち、実に約60%が通電火災といわれています。(パナソニック・感震ブレーカーページより)
木造住宅は火災による被害が広がりやすいため、お客様は「これで近隣にご迷惑をおかけしなくて済む」と安心されていました。

今回は分電盤横に装置増設しましたが分電盤空き回路に設置できる製品もあり、簡単に設置可能な場合もあります。ぜひご相談ください。

ありがとうございました。

マンション・共用灯LED化工事

品川区・メゾーネ御殿山様

 

 

 

マンション共有部の照明器具をLED器具へと更新しました。共有部が明るくなり、消費電気代も約68%削減することができました。
一般的に蛍光灯器具からLED器具へ変更することで約70%の節減が期待できます。

今回は品川区の住宅改善工事助成制度を利用し、その申請を弊社がお手伝いさせていただきました。この制度では工事費用の最大10%が助成されます。ご要望に応じて申請代行もさせていただきますのでぜひご相談ください。

ありがとうございました。